最近の記事

2010年07月04日

松屋の客単価15%減・客数20%増で2%売上増とは?

松屋フーズの6月の既存店売上高(速報)は前年同月比2.1%増と3カ月連続で前年実績を上回った。
客単価は14.7%減と落ち込んだものの、客数が19.7%増と、3カ月連続で2けたの伸びとなったことで補った。
------------------------------------------------------
ここで、単純化してみる。
10,000人の客数で客単価300円とすると
値下効果は
客数20%↑:12,000人
単価15%↓:255円
すなわち
旧:10,000人×300円/人=3,000,000円
新:12,000人×255円/任=3,060,000円
売上高は2%増になる。

一方で、失った客単価15%を取り戻すには、
3,000,000円÷255円/人=11,765人

1,765人の増加=客数17.65%UPが必要であることを合わせて確認しておきたい。

------------------------------------------------------
外食産業は食の奪い合いである。
1.他の業界(企業)が売り上げを減らしている。
  デフレ戦争であれば、他業界(中高価格帯)は牛丼屋の如何に関わらず低迷する。そこの受け皿に成ることが重要である。
2.低価格外食業界の低価格化は、外食業界そのものに対する人口を殖やす。よって同業他社への影響はそこまで大きくない。
  つまり、敵は中食(コンビニ・惣菜)であるからそことの奪いあい。
posted by tomoyuki at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39438566

この記事へのトラックバック
最近の記事